CATEGORY

資金繰り改善

在庫で運転資金がなくなる!?在庫が資金繰りに及ぼす影響とは

端的に言えば、在庫=お金ですが、なぜ在庫が必要となるのでしょうか。 これは当たり前の問いなのですが、非常に重要です。 答えを端的に言えば機会損失や取引先からの信用の棄損を避けるためです。 在庫は必要である 一口に在庫と言っても、業種によって様々ですが、 製造業:部品、原材料、仕掛品、半完成品、完成品 小売業:商品 があります。製造業の会社では、上記に挙げた在庫をすべて持っていることも多いです。 な […]

手形も電子化の時代~電子債権と手形はどう違うの?

手形は駄目で電子債権はOK? 今でこそ情報技術(IT)分野が発達し、電子債権やファクタリングなどが出てきて、手形の現物というものが少なくなってきている反面、未だにそういったものは信用できないとか、怖いといった理由で、手形を振り出したり受け取ったりしているケースは、特に中小企業ではまだまだ多いのではないでしょうか。 ある会社(以下、A社とします)では手形を振り出すことは絶対にありませんし、手形で受け […]

売掛金などの債権を回収不能にしないためには

サイトの長い債権は資金繰りを悪化させ、最悪は回収不能になることも 製品やサービスを販売してから代金の回収までの期間が短いか長いかは、業種や契約内容によって違いますが、現金商売を除けば概ね1ヶ月から4ヶ月を超えない期間がほとんどだと思います。 「末締めの翌日末払い」であれば期間は1ヶ月となり、実際の現金が動くのは1ヶ月後となります。 しかし、受け取り期間が2ヶ月、3ヶ月と期間が長ければ長いほどリスク […]

銀行に好かれる資金繰り表の書き方

資金繰り表はとても重要です 資金繰り表を作っているか否かで、銀行の印象は全く変わります。 それだけでなく、そもそも資金繰り表は自社の資金繰りを管理する上で極めて重要なものです。 事業が好調でも突発的に運転資金が不足するケースはいくらでも起こり得ます。 そういったケースを未然に防ぐためには、資金繰りの予測が重要となり、そのためには資金繰り表を作成することが有用です。 今回の記事では、資金繰り表の書き […]

資金繰り悪化を見逃さない!資金繰りをできるだけ簡単にチェックするには

会社を運営する上で、お金は出たり入ったりを繰り返しており、日々動いています。 皆さんはお金の動きを確実にチェック出来ていますか。 中には会社の全てのお金の動きが頭の中に入っているという強者の経営者もいますが、日々の業務に忙殺されて預金通帳すら見ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 それで間違いなければ問題ないのですが、いつの間にか資金繰りが逼迫していた・・・ということは大いに有り得るこ […]

資金繰りを悪化させる考え方とは

間違った考え方が資金繰りを悪化させる 資金繰りは特に中小企業の会社運営に直結する業務です。どんなに売上や利益があっても、現預金やすぐにでも資金化可能な債権がなければ潰れる場合もありますし、逆に売上が少なく赤字であっても、潰れない場合もあります。 毎月資金繰りが困窮して、運転資金を常に銀行からの借入に依存している企業は、資金繰りを悪化させている原因を取り除かいまま、自転車操業的な経営でやり繰りし、業 […]